出会いに使えるミラーリングテクニック

心理学、というのはしばしばコミュニケーションの円滑化などにも使われており、恋愛にも応用できるテクニックがたくさんあるのです。
出会いを積極的に求めているけど、中々上手くいかない、異性と全然仲良くなることができないという人に沢山の簡単なテクニックを紹介しましょう。

同一感を持たせるテクニック

これは、心理学用語でミラーリングと呼ばれているものなのですが相手と自分が同じところがあるという風に見せることです。
腕組や口元に手を当てたり、髪を手で押さえたり飲み物を飲むタイミングや食べ物を食べるタイミング、笑いかけられたら笑い返す、など相手の行動を真似して見せるだけでも効果が高いです。
人間という生き物は、自分と同一の感性や感覚、行動を持つ人などに対して強い共感性、同一感というものを持ち、敵ではない安心感というものを本能的に持つ生き物なんです。
カップルのペアルックなども、実はこのミラーリング効果が高いといわれているんですね。
だから、相手の服装と同じような服装やブランドを選んだり、相手のすきなブランドや趣味などへの理解も高い効果があります。

会話のミラーリングについて

さらに、これは会話にも応用することができるテクニックで会話のテンポや話すスピード、口癖などを相手と自然に寄せることによって相手は安心感を持ってくれやすく初対面でも比較的心を開いてくれることが多いんです。
喫茶店なんかに行った時も、あえて相手と同じメニューを頼むというのもミラーリングの一つですね。
違うもののほうが交換しあえるという意見もありますが、第一印象というのはかなり重要で最初にいかに心理的に相手に安心感を持たせることができるかということが大事ですから、食べ物などもできるだけミラーリングを意識したほうが上手くいくと言っていいと思います。
挨拶や俗っぽい言葉なども、積極的に真似していくとやはり相手に受け入れられやすく、1分以内の行動で真似をするようにするといいでしょう。